元MRの転職考察

MRから他業種(マーケティング関連)に転職を成功させた経験から、転職活動に役立つ情報を中心に発信しています。

MRからコンサルへの転職は悪い選択ではない【MR転職】

MRからの転職先として、コンサルタントを目指すケースは結構多く耳にしますよね。

私自身も転職時にコンサルを志望し、いろいろと情報を収集していたため、それらの経験・情報を元に、選択肢としてどうなのか・難易度等についてお話しします。

 

結論としては、年収面や仕事の面白さを加味すると、MRからの転職先としてコンサルタントを目指すことは悪い選択ではないです。

ただし、難易度としては高いため、十分な対策をして転職に望むことが必要です。

 

転職先として、MRからコンサルは悪くない

コンサルタント

MRからの転職先として、コンサルが選択肢に挙がる主な理由は、年収が高いという点です。MRは年収が高い部類に入るため、転職先を検討する際に年収がダウンしてしまうことがネックとなり、選択肢が狭まってしまいます。

そういった中で、コンサルティングファームは年収が高いため、転職先として選択しやすいです。年収においては、製薬会社よりファームの方が上がりが早いため、そういった面からも、コンサルへの転職はおすすめできます。

環境要素としても、現在、各ファームの人材不足が常態化しているため、各社積極的な採用をしています。こういった背景からも、これからコンサルを志望する方にとっては、ベストなタイミングと言えます。

 

もちろん、自身のキャリアとしても、言わずもがな、コンサルティングファームに転職することは非常に有益です。

ポストコンサル(コンサルティングファーム後のキャリア)においては、コンサルティングファームでの経験を積むことで、事業企画職やマーケティング職等の中枢職に発展することができます

よく耳にするポストコンサルとしては、製薬会社のマーケティング職に就くということが多いのではと思います。

 

そもそも年収を下げない・上げたいという理由だけであれば、業務内容がかなりハードであるため、別の方法で年収を下げない転職を狙うのもありです。

mr-source.com

 

選択するコンサルティングファームは?

コンサルティングファーム

各コンサルティングファームには、母体とする会社の特徴や得意とする領域によってカテゴライズされています。それぞれ紹介します。

 

独立系コンサルティングファーム

MRからのコンサルへの転職となると、選択肢として考えるのが製薬や医療系に特化したファームへの転職です。これらは、独立系のファームとして属されますが、マーケティングや経営までなど取り扱う案件に傾向があります。

独立系ファームにおいては、医療業界の知識をより発展させ、より専門性を高めていくことができます。

 

主な製薬・医療の案件を取り扱う独立系コンサルティングファーム

  • IQVIAソリューションズ ジャパン
  • ZSアソシエイツ
  • CDIメディカル
  • メディヴァ

 

総合系コンサルティングファーム 

私がおすすめするのは、総合系コンサルティングファームです。

会計系コンサルファームと言われますが、戦略から業務改善の実行支援まで幅広く取り扱っています。そのため、自身のキャリアアップとして、幅広い知識・スキルが身につくため、ポストコンサルとしての幅も広がると言えます。

MRからコンサルへの転職で、人気の高いファームとなるため、その分ハードルも高くなりますが、その分経験できることの幅広さや年収も期待できるでしょう。

 

総合系(会計系)のコンサルティングファーム

  • デロイト トーマツ コンサルティング
  • PWCコンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • EYアドバオザリー アンド コンサルティング

 

戦略系コンサルティングファーム 

さらに上を目指したい、学歴・英語等にも自信がある方は、戦略系コンサルティングファームです。

コンサルファームを目指していない方も、ほとんどの方が耳にしたことがあるファームで、 年収・ハードルともに、かなり高くなりますが、キャリアとしては最高のものとなると考えられます。

戦略系ファーム出身の経営者も多く、横のつながりの形成にも環境としては言うことなしです。

(エムスリーの設立メンバーもマッキンゼーだったりします)

 

主な戦略系コンサルティングファーム

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • ボストンコンサルティング
  • ATカーニー
  • アーサー・D・リトル

 

MRからコンサルへの転職は可能か

転職面談

結論からいうと、MRからコンサルへの転職は可能です。

ただし、難易度は決して低くはなく、それなりに時間をかけ対策を練る必要があります。

コンサルの面接で、ど定番と言える「ケース面接」もさることながら、自然な面接の中でケース面接されていることもあるため、

ケースが自然とできるレベルまで身につけることは必須です。

また、評価されるポイントは、年齢で変わります。

 

年齢によって見られるポイントが異なる

第二新卒

入社〜4.5年までは、ポテンシャル採用が狙えます。コンサルとして、働く上で基本的なスキルはあるかということが見られます。

即戦力として使えれば良いですが、入社後にキャッチアップしてもらえれば良いというスタンスです。

そのため、現キャリアの延長上の領域だけでなく、様々なインダストリー・ソリューションに携わることになります。

 

20代後半〜30代前半まで

ここ辺りからの年齢は、キャリア採用となります。

現職のキャリア・スキルの内容を加味した評価がされるます。例えば、営業成績で高い評価を受けたのであれば、なぜその戦略を選び・なぜそれが最適だったのか、他に最適な方法はなかったのか、今ならどういった方法が考えられるかなどをロジカルに説明できることが求められます(ロジカルな説明は年齢に問わず、必須のスキルです)。

 

では、MRからコンサルへの転職対策はどうすればいいか

戦略

コンサル転職においては、Webテストやケース面接など、対策すべきことは多くありますが、基本として身につけておくものは「ロジカルシンキング」です。

コンサルに限ったスキルではないですが、できて当たり前というぐらい必要な要素です。特に、MRにおいてはロジカルシンキングを求められることが少なく、しっかりできている人は多くないように思います。

コンサルへの転職を検討中の方は、身につけておくことは必須ですし、コンサルに転職した後において間違いなく必要になります。

ロジカルシンキングについては、下記にも詳しく書いています。

mr-source.com

 

ロジカル・シンキングの学び方については、書籍によって学び、ケース面接対策をすることでロジカル思考が身体に染み付いていく手順が良いです。

書籍においては、体型的に学べるものとして、実際に現役コンサルの方もよくおすすめしているものを紹介しておきます。このあたりを読んでおくと、なぜロジカルシンキングが必要なのか、身につけることはできるのかといったことがわかると思います。

 

この書籍には、「問題解決」「ロジカルシンキング」など、コンサルとして必要な頭の使い方といったところが、しっかり言語化されています。ケース面接に必要な要素も同時に学べるため、コンサル転職の導入として適した書籍です。

私も、2、3度繰り返し読んでいますが、その度に新しい気づきが得られます。

 

さらに、踏み込んでロジカルシンキングを学びたいという方には、こちらの書籍がおすすめです。

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーのエディターが基本的な技術から、実践的な問題も記載しているため、より実際に頭を使いながら学ぶことができます

 

正直この書式は初めて学ぶ人には重いため、導入でなるべくわかりやすくということであれば、漫画で学ぶ、このシリーズがおすすめです。

 

フェルミ推定・ケース面接の対策について

コンサルティングファームへの転職において、最も対策に時間を要するフェルミ推定やケース面接については、より実践的な対策となりますので、別記事でまとめています。

mr-source.com

 

終わりに

現在、MRからコンサルに転職を検討している方が、この記事をご覧になっているかと思います。コンサルへの転職は、ハードルが高く、対策に時間がかかることもあり、転職活動として体力を多く使うことになります。

しかし、コンサルの対策のために勉強したことは、普段の仕事に直結して役立つスキルであるため、自己投資として有意義なものとなります。そのため、対策を進めることでコンサルに限らず、より良い転職への後押しになることは間違いありません。すぐにでも書籍等で対策を進めるべきです。

一歩でも早く、他の方より前に進みましょう。